PCOMオステオパシー特別セミナー

 

「LAS靭帯性関節ストレイン」

 

Sutherland's Technique for the Whole Body

 

■LAS靭帯性関節ストレイン:

靭帯性関節ストレインはダラスオステオパシー研究会が考案した軟組織テクニックです。この研究グループは、ロバートフルフォード、ローリンベッカーアレンベッカーの主催により、頭蓋オステオパシーで知られるドクター·サザーランドが「身体の残りの部分を治療した方法」として紹介されています。

靭帯性関節ストレインは「ブートジャックテクニック」などと同様、ドクター・スティルが実際に治療に使用していたクラシカルなオステオパシーテクニックです。

 

受講料:

リンパテクニック(全2日間)

一 括    50、000円

分納(1日) 25、000円

再受講料: 一日5000円(税込)


講師: PCOM学長 J. Yamahata BCSc., DOMP

 

【内容】

  ■ LAS靭帯性関節ストレイン

  1. 概論、ZINKの補正パターン、隔膜リリース、骨盤

  2. ボウストリング、脊柱、四肢